隠れ肥満体型を解消する方法

一見、スリムな体型なのに、体脂肪率が高いという人は案外多いようです。
逆に、体は大きくても体脂肪は少ないという人もいます。

実は今、隠れ肥満の方が増加傾向にあります。
主に運動不足が原因ですが、細身の体型ではあるものの、筋肉量が少ないため、体脂肪は多いという状態なのです。

隠れ肥満の方は、体重がそれほど多くないため、肥満とは縁がないと思われがちですが、健康的な食生活や適度な運動を心がけずに過ごしていると、やがて隠れ肥満から本当の肥満体型へと変わってしまうことになります。そして肥満は病気になりやすい体質をつくってしまいます。

そうならないための方法として一番オススメなのが、やはり「運動」です。
運動といっても、いきなりハードなものをする必要はありません。
ちょっとしたウォーキングでも脂肪は燃焼しますので、運動が苦手な方でも抵抗なく始めることができます。
仕事が忙しくて運動の時間が取れないという方は、休日に少しの時間で構わないので散歩の習慣を作ったり、通勤時に駅までの歩行スピードを少し上げてみるといったことだけでも効果はあります。

このような軽い運動を習慣化することで、徐々に脂肪は減り、隠れ肥満は解消されるでしょう。
また、プールでのウォーキングも体に負担をかけずに肥満を解消できる方法の一つです。
30分程度、水中ウォークをするだけで脂肪は燃焼しますので、是非トライしてみてください。

そして、運動とともに大事なのは「食事」です。
隠れ肥満の方は、外見的にはそれほど肥満体質に見えませんが、お酒の量が多く、しかもお酒を飲むときにあまり食べないという傾向があります。また油ものを多く摂取しているにもかかわらず運動不足であるために、脂肪が燃焼せずに体にたまってしまうのです。

なるべく肥満度が高くならないうちに、生活習慣を見直して、自分にあった肥満解消方法を実践していくことが大切です。