痩せる効果のある脂肪溶解注射とは

ダイエットをしているがどうしても痩せることができない、一部分だけが不満で痩せたいと人におすすめなのが美容クリニックなどで行われている「脂肪溶解注射」になります。
脂肪溶解注射とは、脂肪細胞に対して働きかける薬剤を注射することによって痩せる効果を得ることができるものです。
普通のダイエットでは落としにくい脂肪やセルライトを、脂肪細胞に働く脂肪溶解注射を注入することによって血液の中に溶かして体外へと自然に排出させることができるようになる効果があります。
脂肪溶解注射に使われる薬品は「フォスファチジルコリン」と呼ばれるもので、安全性が高いものになります。しかし、施術直後から脂肪細胞は壊されて行くため、軽い腫れやむくみ、内出血や筋肉痛などの痛みを伴うケースがあります。体質によっては酷く腫れることもあるため、痛みが激しい場合には医師に相談すること大切です。
安全性の高い薬品ではありますが人によっては、かゆみや湿疹、気分が優れないなどのアレルギー反応が出てしまいます。またフォスファチジルコリンは、大豆を原料としている薬品のため大豆アレルギーがある人は施術ができないとされています。
痩せる効果のある薬品を使っていますが、トラブルを避けるためには施術を行う前にきちんとパッチテストを行い、どのような成分が含まれている薬かを説明してくれるクリニックを選ぶことが安全となります。
脂肪を溶かす注射を施術してもらったからすぐ痩せられる、と考える人もいますが、過剰にカロリーを摂取してしまったり運動をしなかったりしてしまえばいくら脂肪溶解する注射を打ってもリバウンドしてしまいます。高いお金を払って施術をして貰うのですから、治療後は運動や脂肪燃焼をしやすい食事などをすることが大切です。